マラソンスタイル

マラソンの練習をするときに知っておくこと

マラソンの練習を行う上で重要なことは、無理をせずに体を傷めないように、いかにして楽しめるようにするかということです。初心者は膝を痛めやすいため、準備運動を入念に行うことが最も大切です。また、マラソンをするときのフォームにも初めのうちは意識する必要があります。
姿勢や足の向き、腕の振り方をしっかり身に付けておくと、体に負担のないフォームが自然とできるようになるため、体を壊すこともなくなります。マラソンの練習では、単に運動不足を解消したい人も、本格的にタイムを延ばしたい人も、まずはこれらの準備運動やフォームの基礎を身に付けることから始めましょう。
さらに、走るスピードも決して無理をすることなく、外の景色を眺めたり気持ちよさを感じられる余裕があるくらいのペースで、できるだけ長めに走ることによって効率の良い有酸素運動を実現できるのです。走る前の正しい知識を知っておくことで、楽しいマラソンライフを過ごせるように頑張りましょう。

マラソンの練習に適した場所

マラソンと言うのは、性別や年齢を問わず、老若男女、大勢の方に人気がある競技で、全国各地でさまざまな規模のマラソン大会が行われているものです。
こういった大会では、記録が新聞に掲載されたり、インターネットのサイトに載ることもありますが、上位に入って目立つことを目ざして、日々練習に励む人もいるでしょう。
なお、マラソンの練習法として、よく大通りをひたすら走っている人がいますが、車の排気ガスが気になるという人もいるでしょう。また、夜の場合には、歩行者や自転車、自動車との接触事故の確率が高まる恐れもあります。
そこで活用したいのが河川敷です。河川敷であれば、一般道路と違って、脇道から人や車が飛び出してくる危険がないですし、信号もないため、走りやすい環境が整っていると言えます。
また、普通の公園だと色々な遊具が設置されていたり、遊んでいる子どもたちとの境界がはっきりせず、練習しにくいものですが、大型の公園の場合には、メリハリのある造りになっていたり、広々としていますから、マラソンの練習には持って来いの環境だと言えます。

check

ベビースケールのレンタル

Last update:2018/12/5